HOME > よくある質問
よくある質問
「反訳」とは、何ですか?
録音テープまたは音声データから文字化する作業のことを「テープ起こし」または「反訳(はんやく)」といいます。
ICレコーダー、MD、CDなどで収録したデジタル音声や映像データのテープ起こし、反訳はできますか?
  1. デジタル音声や映像データなど、すべての録音媒体に対応できます。
文字化する様式、または納期はどのくらいかかりますか?例えば2時間の会議の音声データだったら、どのくらいかかりますか?
  1. 一般的な様式は、A4判で42字×30行、文字の大きさ10.5ポイント、横書きの原稿です。
  2. 2時間の音声データの納期は、おおむね5日〜10日いただいておりますが、ご要望に応じて特急納品も行います。
特急対応はできますか?
  1. 特急テープ起こしは、即日、中1日〜中4日以内の納品です。当社のサーバーに音声データや映像データを送っていただくことにより、文字化してメールで納品いたします。
  2. 納期に応じて割増料金が発生いたしますので、別途ご相談させてください。
納期や料金のことについての問い合わせ先はどこですか?
まずは、営業部へお問い合わせください。
●東日本 03-3267-6051 ●西日本 06-6646-0031
HPによるお問い合わせは 「お問い合わせフォーム」をご利用ください。
現在、何名の速記士がいますか?
(公社)日本速記協会認定の資格を有した速記士が90名在籍しています。
速記依頼をしたいのですが、どうしたらいいですか?
まずは、営業部へお問い合わせください。
■東日本 03-3267-6051 ■西日本 06-6646-0031
HPによるお問い合わせは 「お問い合わせフォーム」をご利用ください。
速記派遣の依頼は何日前までに連絡すればよいのですか?
  1. 速記派遣のご依頼は、できる限り会議開催日の1週間前までにお願いします。(急なご依頼にも対応できますので、ご遠慮なくご連絡ください。)
  2. 会議開催日の前日までには、出席者の座席表をFAXでお送りください。
会議の座席表は、どのようなものを用意するのですか?
発言者が確認できる配置図と、出席者の氏名がわかる座席表を用意してください。座席表によって、マイクの本数、ミキサーなどを用意します。
速記士のスペースは、どのくらいの広さを用意するのですか?
発言者が確認できる場所で、事務机1個分くらいのスペースをお願いいたします。
速記派遣・音声データ受け渡しをしてから原稿ができ上がるまでの流れを教えてください。
速記派遣もしくは音声データ受け取り後、(公社)日本速記協会「標準用字用例辞典」に沿って、音声データから逐語記録を作成します。完成後、メールもしくは宅配便にてお送りいたします。
テープ起こしを依頼する場合に必要な書類は何ですか?
テープ起こしを発注する際は、会議の出席者名簿、配付資料を添付してください。入力の際の、参考にします。(人名、固有名詞等、正確に入力するために必要です)。また、会議の実時間を明記したもの、発言者順序のメモをいただきますようお願いします。
方言には対応可能ですか?
対応可能です。
どんな分野の会議に対応していますか?
  1. あらゆる分野の会議に対応しています。
  2. 医学、化学技術関係等の高度な専門知識を要する会議、講演会等にも対応可能です。
外国語の議事録作成は可能ですか?
英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語、中国語、韓国語、タイ語等、40カ国語のテープ起こし、翻訳に対応しております。